今日は、買ってきた食材の下処理を済ませた後、D-e-e エプロンさんに作っていただいたお気に入りの白いエプロンを漂白しました。

他のことは頭から追い出して、ネギが植わっていた畑を想像しながら、小口切りにする。真っ白になりますようにと願いながらふきんと一緒にエプロンを漂白する。

今、行なっていることだけに思いを集中させて。

たったこれだけのことですが、とても充実感を覚えました。

日々は小さなことの積み重ね

5月の彩の葉 絵本セラピーは「毎日を生きる」をテーマに、どんな日でも毎日の営みを続けていくことについて考えるプログラムになっています。

小さなことでも、できたことやうまくいったことを数えて安心して眠りにつけるように、という思いを込めたプログラムです。

藤沢開催の場では、参加者の皆さまから、「ICカードをかざす瞬間、どこからどこへ、何の目的で行くのかを意図するようにしている」「どんな些細なことでも、自分にふさわしいかを選択基準にしている」といったお話が飛び出し、今日は私もそれを意識してみたのです。

小さなことでも、自分の言動を意図しながら自分らしい選択を積み重ねることで、自分の人生を実感できるのかなと思いました。

絵本セラピー®︎には本当に気づきがいっぱいです。

こちらのプログラムでの開催は5月18日の東京開催で終了します。お見逃しなく!(詳細・お申し込みは下記ページからご覧いただけます。)

5月の彩の葉 絵本セラピー®︎のお知らせ